疲れ目解消 アイケアインフォメーション

きなりとめなりは何が違う?成分・効能・価格で比較

「めなりときなりって、名前が似ているけどどう違うの?」

この記事では、さくらの森で販売されているサプリメント「めなり」と「きなり」について、

  • 「めなり」と「きなり」の違い
  • 「めなり」と「きなり」の共通点

という2点を紹介していきます!

「きなり」と「めなり」のおおざっぱな違い

まずは、めなりときなりの違いをおおざっぱに見ていきましょう。

サプリメントの種類
めなり アイケアサプリメント
きなり DHA・EPAサプリメント

一番の違いは、「なにをサポートするサプリメントか?」です。

「めなり」は疲れ目や視力回復など、目の機能を総合的に改善・保護するアイケアサプリメントです。「きなり」よりも安価で購入できる分、目に特化した効能となっています。

一方、「きなり」はDHA・EPAを豊富に含み、メタボリックシンドロームや糖尿病、脳卒中などの病気を予防する効果が期待できます。「めなり」と比べて高価ですが、致死率の高い重大な病気を予防が期待できる点が長所といえるでしょう。

ここから、それぞれ「おすすめな人」をまとめると、このようになります。

「めなり」と「きなり」がおすすめな方
めなり 目の健康が気になる方
きなり 生活習慣病や体全体の健康が気になる方

2サプリを特徴・成分・効能をくわしく比較

ここまでで、めなりときなりのおおざっぱな違いが理解できたと思います。

次に、詳しく比較するために

  1. 特徴
  2. 成分
  3. 効能
  4. 価格

というポイントで、まずは「めなり」、次に「きなり」と順にチェックしていきましょう!

まずは、アイケアサプリ「めなり」を詳しくチェック

目が疲れやすくなる、近くが見えづらくなるなど、目の機能は年齢とともに落ちていきます。

その機能低下を防ぐために開発されたアイケアサプリメントが「めなり」です。めなりの特徴には

  1. 【特徴1】2倍も吸収しやすいビルベリーを配合
  2. 【特徴2】「目に優しい成分」を3種類も配合

以下の2つがあります。詳しくみていきましょう。

【特徴1】2倍も吸収しやすいビルベリーを配合

特許製法のビルベリー

「めなり」に配合されているビルベリーは、メーカーである「さくらの森」が独自で開発したものです。アメリカにて特許取得されており、効果の高さは折り紙つきです。

例えば、さくらの森公式サイトによると、通常のビルベリーよりもアントシアニンの吸収率が203%も高くなっており、持続力は通常の2.5倍です。さくらの森独自の特許取得ビルベリーエキスは、通常よりも遥かに吸収しやすく、効果の高い商品だと言えるでしょう。

【特徴2】「目に優しい成分」を3種類も配合

ルテイン

めなりは、アイケアサプリメントであるため、以下のような「目に良い栄養素」が多く含まれています。

めなりに含まれる「目によい栄養素」
効果
ビルベリー 眼精疲労
ルテイン 光ダメージから目を保護
ゼアキサンチン
アスタキサンチン 抗酸化作用
クロセチン ルテイン、アスタキサンチン
のサポート
他成分 亜鉛、ビタミン、ミネラル、βカロテン

ビルベリーエキスはアントシアニンを含んでおり、疲れ目や網膜機能の保護などに効果を発揮します。

ルテインゼアキサンチンは、目を紫外線やパソコン画面の光から守る働きを持ちます。

どれも目の健康維持に大きな効果を持つ成分ですが、これらを同時に摂取することで、ルテインの吸収率が179%も上昇するのです。

このように相互に高め合う成分をすべて含有している「めなり」は、非常に品質の高いアイケアサプリメントといえるでしょう。

「めなり」の効能

【効能1】視力回復

めなりには「目がよくなる」という効果も期待できます。これは、網膜と脳の神経伝達を活発にする成分「アントシアニン」によるものです。

めなりには、アントシアニンが豊富に含まれているだけでなく、吸収率の高いものを使用しているため、視力回復に効果的です。

【効能2】眼精疲労の回復

目の周囲の血液循環を活性化し、眼精疲労を回復する効果もあります。こちらもアントシアニンによる効果です。

【効能3】老眼の改善

「めなり」はアントシアニンやルテイン、ゼアキサンチンといった栄養素の吸収率を高めているので、老眼の改善にも効果が期待できます。

めなりの価格

初回特別定期コース 907円(税抜)
通常価格(2回目以降) 3,980円(税抜)
定期コース(2回目以降) 2,980円(税抜)

めなりは、一か月分60粒入りで、初回購入時のみ907円、2回目以降は3,980円となっています。

ただし、定期コースを選択すれば2回目以降も2,980円で購入することができます。こちらは通常コースよりも1,000円お得になっています。

サプリメントは継続することが大事なので、基本的には定期コースがおすすめです。何らかの理由で注文を止めたい場合は、停止手続きを取ること可能です。手続きは公式サイトから行うことができます。

続いて、DHAサプリ「きなり」を詳しくチェック

ここからは、「めなり」に代わって、DHAサプリメント「きなり」を紹介していきます!

記事の冒頭でもお伝えしたように、「きなり」は魚由来の成分を豊富に配合した高スペックサプリメントです。「きなり」の特徴は、DHAとEPAの含有量の多さにあります。

厚生労働省が推奨するDHA・EPAの摂取目安量は、1日1,000mgとされています。(厚生労働省:「日本人の食事摂取基準」(2010年版)

「きなり」には500mg(1日4粒)ものDHA・EPAが配合されています。

食事から1,000mgものDHAとEPAを摂取するのは困難ですが、「きなり」を飲めば、一日に必要な1/2をカバーすることができます。

「きなり」の効能

【効能①】血中の中性脂肪・コレステロールを減らす

DHAとEPAには、血中の中性脂肪とコレステロールを減少させる作用があります。脂肪の蓄積を防ぎ、糖尿病や高脂血症などの生活習慣病を予防する効果が期待できます。

【効能②】血圧を下げる

DHA・EPAは血液をサラサラにする作用があります。血液がサラサラになると血流が良くなるため、血圧が下がります。高血圧を改善し、脳卒中や心筋梗塞、動脈硬化を予防する働きが期待できます。

【効能③】脳を活性化する

DHAは、脳の発達に影響を与えることのできる数少ない栄養素の一つです。脳の「海馬」という部位に働きかけることで、記憶力や判断力などを高めます。また、脳を活性化することで視覚情報の神経伝達も促進されます。

きなりの価格

初回特別定期コース 1,833円(税抜)
通常価格(2回目以降) 5,695円(税抜)
定期コース(2回目以降) 3,790円(税抜)

一方、きなりは、一か月分120粒入りで、初回購入時1,833円となっており、めなりよりも高めです。通常価格は5,695円ですが、こちらも定期注文にすることで3,790円まで安くなります。

「きなり」もめなりと同様、飲み続けることが重要です。そのため、安く長く続けられる「定期コース」がおすすめです。

最後に、「きなり」と「めなり」の共通点を紹介

これまで、2サプリの違いについて紹介してきました。

ただ、二つともに共通しているのが「さくらの森」が販売している、という点です。そのため、さくらの森が提供するサポートや特典は、どちらのサプリメントも受けることが可能です。

最後に、この共通点について紹介していきます。

共通点1. 「きなり」も「めなり」も15日間返金保証

さくらの森公式サイトで初めて購入した場合どちらも15日間の返金保証がついています。

もし効果が出なかった場合、購入日から15日以内に連絡・返品すれば、開封済みであっても返金対応を取ってもらうことが可能です。ただし、返品時に発生する送料は購入者負担となりますので、注意しましょう。

共通点2. 「きなり」と「めなり」配送料は同じ

送料は一律で540円(税込)です。ただし、4,500円以上購入すると送料無料の特典を受けることができます。また、毎月発行されている会報誌「さくらもち」掲載のクロスワードに回答し正解することで、送料が無料になります。

TOP