疲れ目解消 アイケアインフォメーション

めなりに副作用はある?摂取前に知っておきたい5つのこと

健康サプリメントを検討するうえで、どうしても気になってしまうのが副作用。

今回は、「めなり」には副作用があるのかという疑問にお答えします。疑問を解消し、納得して購入に踏み出しましょう。

めなりの全成分をご紹介

副作用の有無の前に、めなりの成分をすべてご紹介します。

ビルベリーエキス
食用油脂
酵母(亜鉛含有)
酵母(銅含有)
カシスエキス
ゼラチン
植物レシチン
グリセリン
マリーゴールド色素
ヘマトコッカス藻色素
ミツロウ
βカロテン
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンB6
ビタミンB12
ビタミンC
ビタミンE
クチナシ色素

めなりに副作用はないのか?

「めなり」は医薬品ではなく、アイケアサプリメントです。サプリメントは健康になるための栄養素を凝縮したものですので、大幅な過剰摂取をしない限りは副作用の心配はほとんどありません。

唯一、副作用が心配されるのがルテインです。合成ルテインを使用しているサプリメントの場合は、ガン発症のリスクが高まるなどの副作用が考えられます。

しかしながら、「めなり」に含まれているルテインは100%天然由来なので、人体に負荷を与えにくく、副作用のリスクはほとんどありません。「めなり」に限らず、サプリメントを購入する際は、必ず天然成分を選ぶようにしましょう。

アレルギーを起こす心配は少なからずある

副作用の心配はほとんどないといえる「めなり」ですが、特定のアレルギーを持っている場合はアレルギー症状を引き起こすこともあります。

以下のアレルギーを持っている方は、注意するようにしましょう。

口腔アレルギー(花粉症)

口腔アレルギーは、花粉症を患っている人が果物や野菜を摂取すると、唇や舌が痒くなったり痛くなったりするものです。花粉症の原因となるアレルゲンと似た栄養素を摂取することでアレルギー症状が起こります。

「めなり」に含まれるビルベリー、クチナシ、マリーゴールドは口腔アレルギーを発症させる可能性があるので、注意しましょう。

海藻アレルギー

「めなり」に含まれるアスタキサンチンは、ヘマトコッカス藻という海藻から抽出したものです。
そのため、海藻アレルギーを持っている方は発作を起こすことが考えられます。

摂取目安量は必ず守りましょう!

アイケアサプリメントである「めなり」には、副作用のリスクがほぼないといえます。

しかし、どのような栄養素であっても過剰に摂取してしまうと身体に悪影響を及ぼします。「めなり」の摂取目安量は1日2粒です。健康サプリメントを飲んで身体を壊してしまっては本末転倒ですので、摂取目安量は必ず守りましょう。

めなりの口コミをチェック

年齢を重ねるにつれて視界がかすむようになり、目の疲れを感じやすくなりました。

そんな時にたまたま「めなり」を見つけ、評判がよかったので購入。

3カ月目になりますが、視界のかすみや疲れ目も治り、最近では手元も見やすくなってきました。

仕事柄、一日中パソコンを見ていなければならないので、ドライアイと疲れ目を感じていました。

そんなときに同僚から薦められたのが「めなり」です。

「めなり」を飲み始めてからというもの、ドライアイも疲れ目も軽減され、仕事に集中できるようになりました。

車の運転中に視界がぼやけることが多くなってきており、このままでは危ないと感じて「めなり」を購入しました。

最近では視界がぼやけることもなくなり、目が疲れることも少なくなりました。

仕事で細かい作業をすることが多いのですが、最近になって目の疲れとズーンとした重さを感じるようになってきました。

辛すぎてこのままではやっていけないと思い、ブルーベリーが目によいと聞いたので「めなり」を購入。現在3カ月ほど飲み続けています。今では目の疲れも重さもほとんど感じることがなくなり、前よりも仕事に集中できるようになりました。

健康診断で視力低下を指摘されたので、試しに「めなり」を飲んでみました。

1日1粒で現在3カ月目ですが、以前よりも明らかにピントが合いやすくなったと感じます。

視力回復はまだ感じられませんが、期待を込めて飲み続けたいと思います。

めなりには安心の15日間返金保証がある

「めなり」には公式サイトでの初回購入の場合15日間の返金保証がついています。

購入後、万が一身体に合わないことが判明したり、健康に支障をきたしたりした場合には、返金対応を取ってもらうことが可能です。
開封済みであっても期間内に連絡・返品すれば返金対応可能ということなので、安心して購入することができます。

ただし、送料は購入者負担となっていますので、その点だけは注意しておきましょう。

めなりは天然成分でできている

「めなり」はアイケアサプリメントなので、医薬品と違って副作用を起こす心配はほとんどないといえるでしょう。含有成分はすべて天然由来のものなので、人体に余計な負担をかけてしまう心配もありません。

ただし、どんなに身体によいとされる成分でも、取り過ぎは健康被害を引き起こすこともあります。健康サプリメントを飲んで身体を壊してしまっては元も子もありません。一日の摂取目安量を守ってこそ、サプリメントの効果を最大限に享受することができるのです。

TOP