疲れ目解消 アイケアインフォメーション

めなりとえんきんを徹底比較!成分や効果に期待できるサプリメント

ピントが合わず、物が見えにくくなったと感じたのであれば、それはもしかすると老眼の入り口かもしれません。老眼は、眼球の水晶体が年齢によって弾力を失うことによって起こります。

そして、老眼だと診断されたら、老眼鏡やコンタクトレンズでピントや視力を矯正することが可能ですが、もうひとつ、サプリで老眼対策を行うという方法もあります。

目に重要な2つの成分

サプリで老眼対策を行う際には、本当に目に必要な成分が配合されているかどうか?という点が、最も重要な決め手になります。
では、老眼をしっかりとサポートしてくれるのは、どのような成分なのでしょうか?

①ルテイン

ルテインは、もともと私たちの目の水晶体などに存在している成分で、照明やパソコン、スマホなどから放出されるブルーライトによって発生する、活性酸素を除去する働きを持っています。

ところが、ルテインは体内で合成することができないという性質を持っており、水晶体が必要とする量を保つためには、食品やサプリから摂取しなければなりません。

ルテインは、ビタミンなどの成分が通り抜けることができない、血液網膜関門という目の網膜を保護するフィルターのような部分を通り抜ける力を持っています。

②アスタキサンチン

アスタキサンチンは、赤い色素を持つ成分で、ヘマトコッカス藻やサケ、カニ、エビなどに含まれています。アスタキサンチンは、エイジングケア成分としてもよく知られていますが、実は老眼改善効果も期待することができると考えられています。

アスタキサンチンもまた、ルテインと同様に血液網膜関門を通り抜ける力を持っていますので、年齢による老眼だけではなく、スマホ老眼の改善にも役立ちます。

③ビルベリー

ビルベリーは、ブルーベリーの一種に分類されるフルーツで、一般的なブルーベリーよりもアントシアニンの含有量が多く、これが老眼改善に役立つと考えられています。

アントシアニンには細胞の抗酸化効果を期待することができるほか、網膜に存在するタンパク質の「ロドプシン」を再合成する働きを持っていますので、ルテインやアスタキサンチンとともにこの成分を定期的に摂取することが、老眼の改善につながります。

人気のサプリ「えんきん」「めなり」を徹底比較

それでは、老眼やスマホ老眼、眼精疲労などの改善を効果を期待することができる人気のサプリ、「えんきん」と「めなり」を比較してみることにしましょう。

えんきんの配合成分と効果

ファンケルから発売されている「えんきん」には、1日分2粒に、ルテイン10㎎、アスタキサンチン4㎎、ビルベリーエキス20㎎が配合されています。

さらに、ビルベリーと黒大豆由来のアントシアニン・シアニジン-3-グルコシドを2.3㎎、多価不飽和脂肪酸・DHAを50㎎配合していますので、目の健康とともに、目の不調に伴う肩や首の凝りにも対応した製品であることがわかります。

合成着色料、香料、保存料は不使用ですが、大豆由来成分が配合されていますので、大豆アレルギーをお持ちの方は摂取することができません。

めなりの配合成分と効果

さくらの森から発売されている「めなり」には、1日分2粒に、ビルベリーエキス170㎎、ルテイン12㎎、ゼアキサンチン2.4㎎が配合されています。

そして、注目すべきは、これらの成分の効果をサポートする、クロセチン、βカロテン、9種類のビタミン群とミネラルがバランスよく配合されているという点です。

めなりときなりの値段

ファンケルの「えんきん」は、初回限定1人1回限りで4週間分を1,000円(税込)で試すことができ、返品や交換の無期限保証つきとなっています。

定期購入の場合では、通常価格3カ月分5,832円(税込)のところを3,000円(税込)で購入することができ、2回目以降は3カ月分5,248円(税込)で購入することができます。
なお、1カ月分の場合では、通常価格2,160円(税込)のところを、1,944円(税込)で購入することができるようになっています。

一方で、さくらの森の「めなり」は、初回特別定期コース価格(1世帯2袋限定)907円(税抜)で試すことができ、定期購入の場合では、2回目以降2,980円(税抜)で購入することができます。

めなりをおすすめするポイント

価格の部分だけを見てしまうと、ファンケルの「えんきん」のほうがお得なように感じますが、老眼対策用としてのサプリを選ぶ際に最も重視しなければならないのは、「目の健康に必要な成分がどのくらいの量配合されているのか」という部分です。

この部分を考えるのであれば、ビルベリーエキスの配合率が圧倒的に高く、さまざまな栄養素を多角的に摂取することができ、その割にコスパがよいと考えられるさくらの森の「めなり」に軍配が上がるでしょう。

めなりの副作用

副作用の心配はほとんどないといえる「めなり」ですが、特定のアレルギーを持っている場合はアレルギー症状を引き起こすこともあります。以下のアレルギーを持っている方は、注意するようにしましょう。

①口腔アレルギー(花粉症)

口腔アレルギーは、花粉症を患っている人が果物や野菜を摂取すると、唇や舌が痒くなったり痛くなったりするものです。花粉症の原因となるアレルゲンと似た栄養素を摂取することでアレルギー症状が起こります。「めなり」に含まれるビルベリー、クチナシ、マリーゴールドは口腔アレルギーを発症させる可能性があるので、注意しましょう。

②海藻アレルギー

「めなり」に含まれるアスタキサンチンは、ヘマトコッカス藻という海藻から抽出したものです。そのため、海藻アレルギーを持っている方は発作を起こすことが考えられます。

また、どのように優れた成分を配合しているサプリであっても、1日の摂取量が少なすぎては十分な効果を得ることが難しくなりますし、多く摂取したからといって、効果が倍増するというものではありません。

さくらの森の「めなり」を摂取する際には、必ず1日の摂取目安量をきちんと守ることが大切です。

また、「めなり」は健康食品に分類され、医薬品ではありませんので、医薬品のような速効性を求めることはできませんので、この部分についてもきちんと頭に入れておく必要があるでしょう。

めなりは成分の配合量のバランスがいい

今回は、老眼やスマホ老眼、眼精疲労の改善に役立つ2種類のサプリをご紹介してきましたが、目の健康維持や老眼などの改善に役立てたいのであれば、成分の配合量のバランスがよい、「めなり」がおすすめです。

購入前に疑問や不安をお持ちの場合には、フリーダイヤルのサポートセンターに相談し、購入を検討してみるとよいでしょう。

TOP