疲れ目解消 アイケアインフォメーション

めなりとえんきんを比較!決め手は成分と価格

「『めなり』と『えんきん』ってどっちが安いの?」
「どっちが効果ある?」

老眼やスマホ老眼、眼精疲労などの改善を効果を期待することができる人気のサプリメント「えんきん」と「めなり」。

似ている商品なので「どっちを買えばいいの?」と迷っている方もいると思います。

  1. 成分
  2. 価格

そんな方のために、このページではこのようなポイントに絞って両商品を比較していきます!

ポイント1. 目に効く「成分」での比較

サプリで老眼対策を行う際には、本当に目に必要な成分が配合されているかどうか?という点が、最も重要な決め手になります。

成分のうち特に重要な成分の特徴はこちらです!

  1. 眼精疲労の回復をサポートする成分
  2. 光ダメージから目を保護する成分
  3. 目の老化を防ぐ抗酸化成分

これらをカバーできる成分が入っているのでしょうか?見ていきましょう!

1. 眼精疲労の回復をサポートする成分

特許製法のビルベリー

まず、「眼精疲労の回復をサポートする成分」には、「ビルベリー」が挙げられます。

ビルベリーは、ブルーベリーの一種に分類されるフルーツで、一般的なブルーベリーよりもアントシアニンの含有量が多く、これが老眼改善に役立つと考えられています。

ビルベリー
めなり えんきん
ビルベリー 170mg 20mg
評価

上の表で比較すると、「めなり」の方が8.5倍も含有量が多いため、より高い効果が見込めそうです。

2. 光ダメージから目を保護する成分

ルテイン

光ダメージから守る成分には

  1. ルテイン
  2. ゼアキサンチン

の二つがあります。

ルテインは、もともと私たちの目の水晶体などに存在している成分で、照明やパソコン、スマホなどから放出されるブルーライトによって発生する、活性酸素を除去する働きを持っています。

ところが、ルテインは体内で合成することができないという性質を持っており、水晶体が必要とする量を保つためには、食品やサプリから摂取しなければなりません。

ルテインは、ビタミンなどの成分が通り抜けることができない、血液網膜関門という目の網膜を保護するフィルターのような部分を通り抜ける力を持っています。

また、ゼアキサンチンもルテイン同様、目を紫外線やパソコン画面の光から守る働きを持っています。

ルテインとゼアキサンチンの比較
めなり えんきん
ルテイン 12mg 10mg
ゼアキサンチン 2.4mg 不明
評価

ルテインも、ゼアキサンチンもどちらも「めなり」の方が含有量が多くなっています。こちらに関しても、「めなり」の方が効果が高いといえそうです。

3. 目の老化を防ぐ抗酸化成分

アスタキサンチン

目の老化を防ぐ抗酸化成分には、アスタキサンチンがあります。

アスタキサンチンは、赤い色素を持つ成分で、ヘマトコッカス藻やサケ、カニ、エビなどに含まれています。アスタキサンチンは、エイジングケア成分としてもよく知られていますが、実は老眼改善効果も期待することができると考えられています。

アスタキサンチンもまた、ルテインと同様に血液網膜関門を通り抜ける力を持っていますので、年齢による老眼だけではなく、スマホ老眼の改善にも役立ちます。

アスタキサンチンの比較
めなり えんきん
アスタキサンチン 1mg 4mg
評価

アスタキサンチンの含有量は、「えんきん」の方が多いといえます。

ただアスタキサンチンは6mg以上摂るとよいとされており、この基準でみると、どちらも十分な含有量とは言えないでしょう。

ただし「めなり」にはアスタキサンチンのサポート成分が!

クロセチン

「めなり」はアスタキサンチンの含有量が少ないですが、その代わりにアスタキサンチンの効果を補強する成分が含まれています。

それが、「クロセチン」です。

クロセチンは、アスタキサンチンと一緒に取ることで、アスタキサンチンの効能をサポートすることができます。

クロセチンの比較
めなり えんきん
クロセチン 0.68mg なし
評価 ×

このクロセチンは、「めなり」にしか配合されていません。

そのため「めなり」はアスタキサンチンの含有量こそ少ないものの、クロセチンによってカバーができるということになります。

また、クロセチンはアスタキサンチンのサポートだけでなく、生活習慣病を予防する効果も期待されています。

成分比較のまとめ

ここまででチェックしてきた成分をまとめると、このようになります!

成分の比較まとめ
効果 めなり えんきん
ビルベリー 眼精疲労 170mg 20mg
ルテイン 光ダメージから目を保護 12mg 10mg
ゼアキサンチン 2.4mg 不明
アスタキサンチン 抗酸化作用 1mg 4mg
クロセチン ・ルテイン
・アスタキサンチン
のサポート
0.68mg なし
他成分 亜鉛、ビタミン、ミネラル、βカロテン DHA

「成分が多く入っているか?」をトータルで見ると、「めなり」に軍配が上がるといえます。

ポイント2. 「価格」での比較

ここまでは成分について比較してきましたが、ここからは「価格」にポイントを絞って比較していきます!

価格での比較
めなり えんきん
お試し価格 980円 1000円
1ケ月分
(定期コース)
3219円 1944
1日分 108円 65円
送料 無料 無料
評価

「価格」だけを見ると、「えんきん」の方が安くなっています。

ファンケルの「えんきん」は、初回限定1人1回限りで4週間分を1,000円(税込)で試すことができ、返品や交換の無期限保証つきとなっています。

定期購入の場合では、通常価格3カ月分5,832円(税込)のところを3,000円(税込)で購入することができ、2回目以降は3カ月分5,248円(税込)で購入することができます。

なお、1カ月分の場合では、通常価格2,160円(税込)のところを、1,944円(税込)で購入することができるようになっています。

一方で、さくらの森の「めなり」は、初回特別定期コース価格(1世帯2袋限定)907円(税抜)で試すことができ、定期購入の場合では、2回目以降2,980円(税抜)で購入することができます。

「安いから」だけで決めていい...?

ここまでの比較をまとめると、このようになります!

「成分」と「価格」で比較
めなり えんきん
成分重視 おススメ
価格重視 おススメ

上のように価格の部分だけを見てしまうと、ファンケルの「えんきん」のほうがお得なように感じます。

ですが、目のサポートとしてのサプリを選ぶ際に最も重視しなければならないのは、「目の健康に必要な成分がどのくらいの量配合されているのか」という部分です。

この部分を考えるのであれば、

  • ビルベリーエキスの配合率が圧倒的に高い
  • 栄養素を多角的に摂取することができる
  • 価格の差は一日

と考えられるさくらの森の「めなり」に軍配が上がるでしょう。

めなりは成分の配合量のバランスがいい

今回は、老眼やスマホ老眼、眼精疲労の改善に役立つ2種類のサプリをご紹介してきましたが、目の健康維持や老眼などの改善に役立てたいのであれば、成分の配合量のバランスがよい、「めなり」がおすすめです。購入前に疑問や不安をお持ちの場合には、フリーダイヤルのサポートセンターに相談し、購入を検討してみるとよいでしょう。

TOP