疲れ目解消 アイケアインフォメーション

めなりは眼圧低下に効果的!アイケアにお困りの方に知ってほしいこと

めなりのサプリは目によいと聞きますが、眼圧を下げるサプリなのかどうかを知りたいという方がいらっしゃるのではないでしょうか。

また、眼圧を下げることを目的にめなりを使用した人の感想が知りたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回はめなりの眼圧効果についてご紹介いたします。

眼圧を下げるサプリ「めなり」の紹介

めなりは眼圧を下げるのに有効なルテインやゼアキサンチン、ビルベリーなどの栄養成分が豊富に含まれています。

ビルベリーは通常体内では吸収されにくい成分を含んでいますが、特許製法を取得し203%も吸収率を高めました。

また効果の持続力も2.5倍とアップし、目を保護したり病気の予防をするのであれば、めなりがおすすめめです。

緑内障の症状

緑内障の主な症状は、視神経に異常をきたし視野欠損する症状です。視界の一部が見えにくくなったりします。

緑内障になりやすい人の特徴

緑内障になりやすい人の特徴は、強度近視や仮性近視などの近視の方がなりやすい病気です。
近視の症状を抱える方の眼球は歪んでいます。

正常の方の眼球は23mm程度ですが、近視の眼球は正常よりも大きく最大28mm程度あります。もともと眼圧が高くない方でも、眼球の大きさにより圧力を受けているのです。

治療方法3つ

緑内障の治療方法は下記の3点が主に行われます。

・目薬
・レーザー治療
・手術

①目薬

目薬は、緑内障の治療として最初に処方されます。目薬は、房水の産生を抑えるものと房水の排出を促すものがあります。

目薬は副作用を伴うことがあります。まつ毛が増量したり、虹彩の色素沈着が起こったり、まぶたが黒くなってしまったり、上まぶたが変形しへこむことがあります。

②レーザー治療

緑内障の治療では、レーザー虹彩切開術やレーザー線維柱帯形成術などが施されます。レーザー虹彩切開術は房水の排出力の不具合を改善し、目の眼圧を解消することができます。

レーザー線維柱帯形成術はより強いレーザーを当てることにより、フィルターの役割をしている線維柱帯の通りを改善する手法です。レーザーを当てた線維柱帯が破壊されるため、時間が経つと眼圧が再び上がってしまうこともあります。

レーザー治療が成功すれば緑内障の進行を食い止めることができますが、失敗すれば、出血や眼球内炎症になることがあるという大きなデメリットがあります。

③手術

緑内障の手術は隅角癒着解離術(ぐうかくゆちゃくかいりじゅつ)や線維柱帯切開術(せんいちゅうたいせっかいじゅつ)、線維柱帯切除術(せんいちゅうたいせつじょじゅつ)があります。

隅角癒着解離術とは、隅角が狭くなり、房水の流れ出る線維柱帯に虹彩が癒着して房水が流れにくくなった眼(閉塞隅角緑内障)に対して、その癒着部分を剥(は)がす手術です。

線維柱帯切開術は、目詰まりしている線維柱帯を切り開き、本来の流出路であるシュレム管に房水を流す手術です。

線維柱帯切除術は、線維柱帯を一部分、切除し、房水の出口を別に作る手術です。
(出典:東京歯科大学市川総合病院眼科)

手術は、メスを使用するためリスクが伴います。手術中に菌が入り込んだり、駆出性(くしゅつせい)出血などすれば眼球で大量出血して失明する恐れがあるのです。

緑内障にならないための予防方法

緑内障にならないための予防方法は下記の2点を行うことが大切です。

・点眼治療を行う
・血流を改善する

①点眼治療を行う

積極的に眼科へ通院して点眼薬を処方してもらう必要があります。点眼薬には副作用も伴いますが、確実に緑内障を予防することができます。

②血流を改善する

食生活を改善

目に必要な栄養素を摂るように心がけましょう。ルテインやゼアキサンチン、ビルベリーは目の保護や改善をしてくれます。

ルテインやゼアキサンチンは緑黄色野菜に豊富に含まれ、天然のサングラスともいわれるほど目を保護するのに有能な成分なのです。紫外線や電子機器から放出されるブルーライトから目を守ってくれます。

ビルべリーは通常吸収率が低い成分ですが、サプリなどでしっかりと吸収すれば目の疲れをはじめ、ドライアイや病気などを防ぐ働きをしてくれます。

ストレスを避ける(質のよい睡眠をとる)

ストレスを抱えると血行不良や不眠症を引き起こしてしまい眼圧を高める原因になります。

自分なりのリラックス方法を身につけて、ストレスを抱えないようにし、緑内障を予防しましょう。

適度な運動をする

ウォーキングやランニングなどの適度な運動をすることで血流が改善されます。そして眼圧を下げることができ緑内障の予防へと繋がります。

緑内障にならないために眼圧を下げる方法

眼圧を下げる方法をいくつか挙げていきます。

うつ伏せに寝ないようにする

緑内障にならないために眼圧を下げる方法は、うつ伏せに寝ないようにしましょう。うつ伏せの体勢は眼圧を高めるとともに目の神経をも圧迫してしまいます。また、傷つけて視神経の障害を引き起こす可能性もあります。

そのため、うつ伏で寝ることは避けましょう。そして、良質な睡眠をとるようにしましょう。

ストレス発散をする

ストレスにより眼球内にある眼房水の体液の循環が悪くなり眼圧が高くなってしまいます。
ストレス解消を行い体液の循環をよくする必要があります。

適度な運動をする

適度な運動を行うことで体内の血液の循環がよくなったり、体が温まることで眼圧が下がります。運動不足は、眼圧を高める原因となりますので、運動習慣を身につけましょう。

喫煙は控える

喫煙すればタバコに含まれるニコチンやタールなどが、血管壁を硬くしたり、収縮させる働きをします。そのことにより、目の周辺の血管にも悪影響を及ぼし血行不良を引き起こします。

そして眼圧を高くしてしまう原因ともなります。喫煙は緑内障の原因ともなりますので、禁煙することを心がけましょう。

食生活を気をつける

暴飲暴食をすれば肥満体型になります。肥満は動脈硬化や高血圧になるリスクを高めます。そして、血行不良を引き起こし、眼圧を高める原因となってしまいます。一日の摂取カロリーを摂りすぎないように気をつけましょう。

また、眼圧を下げる食生活を心がけましょう。眼圧を下げるためには血液をサラサラにすることが重要となってきます。アントシアニンやルテイン、ビタミンなどです。

治療の次に予防も大事である

緑内障を発症してしまえば、治療方法には副作用やリスクがともない大変な治療となります。日ごろから意識して緑内障を予防することが重要です。

めなりのサプリには眼圧を下げる効果はもちろん、目の疲れや乾きを予防したり紫外線や電子機器から放出されるブルーライトから目を守ってくれます。

日ごろから妥協せずに目を大切にするには、めなりが有効なのです。ぜひ、めなり生活を検討してみてはいかがでしょうか。

TOP